フリーエンジニアのための結婚How to ナビ

フリーエンジニアの結婚事情その1:女性の未婚率の現状は?

フリーエンジニアのための結婚How to ナビ

フリーエンジニアのための結婚How to ナビとは

About me人生の中で大きな岐路となるライフイベントといえば、結婚ですよね。フリーエンジニアとして幸せな結婚生活を送るための様々な情報を紹介しているサイトです。 お問い合わせ:engineer-wedding@outlook.jp

女性の未婚率の現状

自由恋愛の時代になって、却って結婚できない、あるいはしない男女が増えたとも言われています。一昔前のように家制度の維持のために、当人同士の知らないところで結婚話が勝手に進められてしまう時代ではありませんが、その分選択の自由が広がったことが晩婚化や未婚率の上昇を招いているようです。そのため最近では当事者である子供は仕事で忙しいため、子供に代わって親世代が熱心に参加するお見合いイベントや、行政が主体となった婚活パーティーなどが盛んになっています。しかし何と言っても結婚するのは当人であり、その現状を踏まえて無理なく結婚へと至るための方策を模索することも大切です。そこでまずは女性の未婚率を中心に現状を分析します。

女性の未婚率の現状

平均初婚年齢の推移に見る晩婚化

まず平成22年度の厚生労働省人口動態調査によれば、日本人女性の平均初婚年齢は28.8歳であり、4年制大学を卒業して数年は社会人として活躍した後に結婚するという現代の日本人女性像が見えてきます。これは平成5年では26.1歳、昭和45年では24.2歳であった点を考えると、明らかに晩婚化が進んでいます。一昔前のような女性は短大を卒業したら寿退社するまでの間だけ腰掛入社するというのではなく、自らのキャリアも意識しつつ、良い出会いががあれば結婚してそのまま仕事を続ける、あるいは育児期間中だけは仕事を離れてもまた復帰しよう、というように女性の意識が変わってきているといえるでしょう。
しかしその一方で子供を欲しいと望む女性にとっては、あまり年齢が上がらないうちに結婚しておきたいという事情もあります。もっとも結婚しても子供を作らずに、夫婦がお互いに友達のように生活を共にするという関係を望む人もいるのであり、恋愛から結婚、そしてその後の家庭生活に至るまで、現代では実に人それぞれの価値を追求することが可能であるため、その分だけ夫婦の形があるといえます。「結婚したいと思った時が適齢期」などといわれるように、それぞれのタイミングで結婚を考えて良いのです。

30歳代女性の結婚事情

しかし平成22年国勢調査によれば、30~34歳女性の未婚率は35.7%、同じく35~39歳女性の未婚率は24.4%となっており、50歳時点での未婚率を指す生涯未婚率は、女性の場合10.6%に上っています。このように年齢が上がるごとに、成婚率は目立って低くなっているため、結婚を考えているのであれば30代を境に、そろそろ本気で行動に移す必要があるのです。結婚するということは当人同士だけの問題ではなく、親兄弟や親戚などにも影響します。特に女性が子育てに親世代の手を借りたり、あるいは親世代の介護を中心的に担ったりといった事情も考えると周囲との調整も大切なのです。

ページの先頭へ

Copyright © 2015 フリーエンジニアのための結婚How to ナビ All Rights Reserved.