フリーエンジニアのための結婚How to ナビ

フリーエンジニアの出会いから結婚後の生活まで

フリーエンジニアのための結婚How to ナビ

フリーエンジニアのための結婚How to ナビとは

About me人生の中で大きな岐路となるライフイベントといえば、結婚ですよね。フリーエンジニアとして幸せな結婚生活を送るための様々な情報を紹介しているサイトです。 お問い合わせ:engineer-wedding@outlook.jp

結婚したいフリーエンジニアへ

社会全体の未婚率が上昇している中、IT系エンジニアという仕事はさらに未婚率が高いということがわかりました。あえて独身生活を謳歌していたいというフリーエンジニアも多いかもしれませんが、できるものなら結婚したい!というフリーエンジニアも多数いると思います。フリーエンジニアは収入が不安定であり、かつ、出会いの機会が少ないというのも事実ですが、結婚しようという意思があれば相手はきっと見つかります。結婚はゴールではありません。人生の半分以上を占める結婚生活をいかに幸せに過ごせるかが大切です。フリーエンジニアとしてお互いが幸せになれる運命のパートナーを見つけましょう。

既婚エンジニアの分析

既婚エンジニアの分析20代30代の既婚ITエンジニアの、主に男性に対するある調査によれば出会ったきっかけは職場や知人の紹介が半数を占めています。そして相手の職業は4人に1人の割合でエンジニアであり、それに次いで事務職が多くなっています。結婚当時の年収は平均して450万円ぐらいと、一般的な傾向とそれほど違いはありません。貯蓄額は平均約300万円ですが、貯蓄ゼロが15%の一方で1000万円以上が7.3%という開きが出ています。

「収入の不安定さ」フリーエンジニアのネック

「収入の不安定さ」フリーエンジニアのネック結婚生活を維持するためにはお金が必要です。会社勤めの男性の場合は安定した収入が得られるため、結婚に踏み切りやすいのですがフリーランスの場合には事情が異なります。共働きを前提に、理解ある相手を選んだとしても収入が不安定という厳しい現実を目の前にして、女性が結婚に及び腰になるのも無理からぬことなのです。フリーランスとしての生き方を選んだとはいえ、収入を安定させるために行動を起こすことが大切です。

「出会いがない」フリーエンジニアのネック

「出会いがない」フリーエンジニアのネックエンジニアにとって恋愛や結婚において、仕事上の習慣が活きる場合もあるようです。例えば新しい仕事に向き合う時に、取り敢えず手を動かしてみるというのは失敗を恐れずに試行錯誤を繰り返しながら前へ進もうとするため、成長が早い傾向があります。恋愛においてもあれこれ悩まず、取り敢えず女性に声を掛けるのでチャンスを広げることになります。また相談する相手を持っているということも独善的にならずトラブル解決に時間を掛けないために重要ですが、彼女との関係を維持する上でも、相手の言い分を聞く姿勢は大切です。

思い切って婚活

思い切って婚活結婚したいが、職場にも知人の紹介にも、あるいはコンパや婚活パーティーにも出会いがないと悩むエンジニアにとって、結婚相談所を活用するという方法もあります。タイプ別の料金体系に従って入会すれば、結婚を真剣に考えている会員の中から条件に合った相手を紹介してもらえたり、あるいはイベントなどを通じて出会うチャンスを増やすことができます。業界でも知名度の高いサンマリエでは、結婚に向けたサポート体制が充実しています。

ページの先頭へ

Copyright © 2015 フリーエンジニアのための結婚How to ナビ All Rights Reserved.