フリーエンジニアのための結婚How to ナビ

結婚したいフリーエンジニアの悩み「不安定な収入」

フリーエンジニアのための結婚How to ナビ

フリーエンジニアのための結婚How to ナビとは

About me人生の中で大きな岐路となるライフイベントといえば、結婚ですよね。フリーエンジニアとして幸せな結婚生活を送るための様々な情報を紹介しているサイトです。 お問い合わせ:engineer-wedding@outlook.jp

「収入の不安定さ」フリーエンジニアのネック

結婚は当事者同士の意思次第とはいえ、苦労も多いものです。女性の高学歴化や社会進出の拡大によって女性の経済力も上がっていますが、その一方で男性に対して生活力を求める傾向は依然として根強くあり、むしろ自分以上の経済力を期待する女性は多いのです。しかしバブル景気の崩壊後の不況によって、男性であっても正社員として就職出来なかったり不安定な雇用に甘んじているなど、収入が低くて結婚など考えられないという声も聞かれます。結婚生活を維持する上でお金は想像以上にかかるものであり、お互いに相手の立場を理解し合いながらも、ある程度の将来設計を立てておく必要があるでしょう。

「収入の不安定さ」フリーエンジニアのネック

家庭生活を支える経済力

結婚すれば夫婦の生活を維持して行くことはもちろんですが、子供が生まれれば当然育児や学費にお金が掛かります。特に子供が小さい間は女性が育児に手を取られることが多いため、共働きといえど男性の収入で何とか家庭生活を賄って行かなければならなくなります。もちろん女性が育児休暇を利用したり、保育所や幼稚園に子供を預けながら働くこともできると考えていても、そのための負担も場合によっては相当なものになります。
そこで男性が会社勤めで、毎月一定額の収入が保証されている場合には結婚にも踏み切ることができますが、フリーランスの場合には収入の不安定さがネックになることが少なくありません。フリーランスは、仕事に対して自由な向き合い方ができるという点が魅力です。しかしその一方で社会保障は最低限のものであり、また仕事がいつなくなるか分からないという不安を常に抱えています。対外的な信用に乏しいためにローンを組むことも難しいでしょうし、基本的には体が続く限り働き続けるという覚悟も必要です。
もっとも女性の場合には、フリーランスとして仕事をするという選択も柔軟に仕事量を調節して家庭との両立を図るという点では、むしろメリットが大きいといえるかもしれません。しかし男性の場合には、女性の側から見れば明らかに不安材料となってしまうのです。

理解ある伴侶と共に

もちろん今では、夫が稼いで妻が家庭を守るといった高度経済成長期を支えた「標準家庭」像は崩れて夫婦のあり方が多様化しているとはいえ、お金が無ければ家庭生活が破綻するのは目に見えています。今では「主夫」という存在も増えており、経済力のある女性に一家の大黒柱となってもらうことも夢ではありませんが、それも伴侶として選ぶ相手次第です。フリーランスでありながら安定した収入を得ることは並大抵のことではありませんが、結婚生活を維持するために行動することが重要になるのです。

ページの先頭へ

Copyright © 2015 フリーエンジニアのための結婚How to ナビ All Rights Reserved.